So-net無料ブログ作成

間違った洗顔が原因で、肌荒れかも [洗顔]

今日は、曇り空です。
そして、寒い((´д`)) ブルブル…
この季節になると、肌が乾燥したり、赤くなったりといった肌荒れしやすくて困っています。
ローションを保湿タイプに変更してみたり、保湿クリームをたっぷり塗ってみたりしてます。
だけど、スキンケアの第一歩として、洗顔が大切[ぴかぴか(新しい)]だと知り、正しい洗顔方法を調べてみました。
≪正しい洗顔方法≫
①手を洗う。
②洗顔料をよく泡立てる。
③Tゾーンから優しく洗う。
④目元口元は、泡をのせるだけ。
⑤ぬるま湯(33℃~36℃くらい)で、最低20回以上すすぐ。
⑥清潔なタオルで顔を押さえ水分を取ります。



というやり方が、正しい洗顔だそうです。



私の場合、④と⑤に関しては間違ってることが判明しました。
目元口元は確かに、乾燥しやすい部分ですが、
顔全体をまんべんなくクルクル洗っていました。
そして、ぬるま湯というのも、気にしたことがありません。
蛇口でお湯を出し、そのまま使ってるので、
シャワーの温度だから熱いですね[たらーっ(汗)]
しかも、10回すすいでるかどうか・・・┐(´д`)┌ヤレヤレ



ということで、私のように間違った洗顔や、洗い過ぎは、
角質層にダメージを与えてしまい、トラブルの原因になるのです。
乾燥肌、敏感肌、脂性肌、毛穴、にきび、シミなどが気になる人は、洗顔方法を見直してみて下さい。



洗顔で落としたい汚れは、酸化した皮脂やメイクなどの汚れです。
間違った洗い方では、
潤いを保つセラミドや天然保湿成分といった、必要なものまで洗ってしまいます。
お肌が持つ、本来の皮脂や天然保湿成分は、
乾燥を防ぐバリアの役割を持っているので、洗い流してしまわない様に注意しましょう。



洗いすぎたら、化粧水などでケアすれば良いのでは?
そう思ってしまうところですが、駄目なのです。
何故かというと、
肌のバリア機能の回復には、一晩から数日必要なのです。
だから、洗顔後に一生懸命保湿しても、バリア機能は弱ったまま。
バリア機能が低下しているうちは、乾燥や紫外線などに弱い状態となっているので、
ダメージを受けやすく、様々な肌トラブルを起こしやすいのです。



お肌は、汗とホコリはぬるま湯で充分に落とせます。
ですから、正しい洗顔で、お肌にとって不要なものだけを洗い流すことが、
肌トラブルの解消につながる第一歩になると考えられます。



私は、必要なものを洗い流してしまって、乾燥しまうのね(´;ω;`)ウッ…
しかも、熱めのお湯使ってるし、すすぎ回数は少ないし、
間違ってますなぁ。
すぐに、正しい洗顔で肌トラブルを防ごう!



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。